千葉県内、主に市原市周辺の飲食店の情報なら

麺処 信心(しんしん)は、分かりやすい料金設定、でも、つけ麺スープはイマイチ?

 

今回は、茂原市早野にある「麺処 信心(しんしん)」についてご紹介します。
とあるグルメサイトの口コミを頼りに「麺家 一徹」というお店に行くつもりで向かったのですが、到着してみると看板が・・・
なんと違うお店に変わってしまっていたんですね。
後で調べたら2016年の9月オープンということなので、もう1年以上前から営業していたことになります。
一緒に行った主人は一徹のことは前から知っていたようですが、普段あまり通らない場所のためお店が変わっていたことには全く気付かなかったみたいです。
口コミを確認しないまま初めてのお店に入るのは不安だったのですが、駐車場にはそこそこ車が止まっていたので、とりあえず入ってみることにしました。
中に入るとカウンター席に4人、お座敷席に4人くらいの先客が居たでしょうか。
こじんまりとしたお店ですが、日曜日の午後1時にしてはやや少な目ですかね。
ラーメン店によくある食券販売制ではなく後払い制だったので、そのままカウンター席に座るとすぐに店員のおばちゃんがお冷を持って来ました。
メニューに目を通してみると、まずつけ麺がメニューの最初に載っていたので、つけ麺推しのお店なのかな?と感じました。
つけ麺、らーめんそれぞれに醤油、塩、味噌が用意されていて、他では見たことのないカレーやタンタンのつけ麺までありました。
トッピングはオール100円、麺増量も100円/0.5玉からと分かりやすい料金設定ですね。
あとは、丼ものやギョーザなどのサイドメニューもそれなりにあるようです。
私は特製つけ麺の醤油1,100円、主人はカレーつけ麺850円をそれぞれ注文しました。

 

 

厨房は60代半ばくらいの男性が一人で切り盛りしていたので、混んでいればだいぶ待つようかもしれません。
幸か不幸かこのときは空いていたので、10分ほどで2種類のつけ麺が運ばれてきました。
まず麺は私好みの太目で、斑点や黒っぽい色味はないので精製された小麦粉を使っているようですね。
スープは魚介系っぽく濃い目で、細切りにしたチャーシュー、メンマ、なると、青菜が入っていて、味は悪くなかったです。
別添えのチャーシューと味玉は至ってふつうといった感じですかね。
唐辛子なのか少しピリッとしていたことと、さらっと軽めのスープのため麺に絡みにくかったことが私としては残念に思いました。
つけ麺ではなく、らーめんならいけるかもしれません。
また機会があれば、今度はらーめんを食べてみたいです。